KOBA's Classroom ~from the Warm Heart of Africa~

アフリカのマラウィ共和国で活動する、青年海外協力隊 理科教育隊員の活動記録 

KOBA’s Classroom 最終章 〜あの2年間は自分にとって何だったのか〜

最後のブログを書いてから9ヶ月ほどが経ちました。

 

あれから、最後の授業に、配属先とJICA事務所の最終報告に怒涛の日々を送りました。最終報告から帰国までは、JICA事務所の方に大変良くして頂き、マラウィでの残りの時間を楽しんでいました。

 

日本に7月に帰国後、花火大会に行って、温泉に行って、就活もして、9月からは日本の私立学校で専任教諭としてクラス担任を任せて頂き、国際バカロレアプログラムに従事して来ました。

 

その間ずっと、ブログをまとめる気になれず、日本の学校での年度が終わるタイミングで、ようやくこのブログを締めくくる気になりました。日本での教員生活を経て、ようやく考えがまとまったのかもしれません。

 

 

あの2年間は自分にとって何だったのか。

 

 

言葉で表現するならば、「刺激に満ちた、最高に楽しい日々」でした。

 

 

もちろん、整備不良車だらけのマラウィで事故死しないか、病気しないかというストレスはあったし

停電めっちゃ多いし、日本食食べれないし、家事に時間かかるし、不便な事も多かった

 

同僚遅刻するし、教育システムも教科書もめちゃくちゃだし、黒板傷だらけだし、チョークめっちゃ折れるし、マラウィで教師をする不便とか苦労もあった

 

国の事業という事で、日本の顔としての責任感もあったけれど

 

 

マラウィの方達とマラウィの生徒たちの暖かさ、笑顔、コミュニケーションの多さ、いつも聞こえる笑い声、人懐っこさと

 

マラウィの国が誇る圧倒的な大自然

 

青年海外協力隊という自分の思うままにプロジェクトを動かせる自由度の高さ

 

魅力的なJICAの関係者の方々、マラウィ隊、特に、助け合い励ましあった理数科分科会のメンバー、そして私を私らしく受け止めてくれる281の同期に囲まれた日々は

 

 

最高に刺激的で、最高に楽しい日々でした。

 

 

今後、青年海外協力隊に参加する人がいれば心から勧めたいし

この事業が未来永劫続いていくことを願ってやみません。

 

 

 

活動の成果は、光栄なことに、お世話になった私塾の先生の新書に寄稿させて頂くという形で、まとめさせて頂く事ができました。

機会がありました際、お手に取って頂けると幸いです。

www.amazon.co.jp

 

 

最後に、思うがままに書いていたこのブログですが、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

時折、「読んでるよ!」とか、「役立ちました!」と言って頂けた方がいただけで、私はとても嬉しかったです。

 

これからは、青年海外協力隊で学んだ事を次に活かし、

「マラウィでの2年間」を超える人生を創っていきます。

 

それでは、また。

Zikomo Zikomo Zikomo…

f:id:brave-nobles:20190324020146j:plain

 

 

  

2019.3.24

Koba 桜が満開に咲くロンドンより

 


 

KOBA’s classroom vol.24 ~自分が帰った後に何が残せるか 言わせてください、うちの学校にはStudy Tripができたんだと!!~

自分が帰った後に何が残せるか。

何が残るのか。

国際協力をやっている者なら誰もが考える事だと思う。

 

草の根外交 と言われる青年海外協力隊は

正直「結果」は求められてはいないと感じる。

だってボランティアだから!国際協力の初級だし!

海外の人が、日本人と友達になって、日本が好きになってくれたらそれでよし!!

 

とは分かっていても、

やはり考える、

 

自分が帰った後に、何が残せるか。

途上国の方々が、自分の足で前に進むようになってもらうのが、

国際協力なのではないかと。

 

これが、なかなか難しい。

とにかく、僕らの思いと、彼らの思いが一致しない。

 

知識量が足りないから勉強会をしようだとか、

時間通りに職員会議を始めないと効率が悪いとか、

 

僕が必要だと思っても、

彼らには、正直、頭でわかっていても本音では必要ないと思ってる。

別に変わらなくても、今までもこれからもやっていけるんだから、楽な方がいいでしょって。

 

無理に押しても、どうせ僕がいなくなったら元に戻る。

相手にどうやらせるか、そしてそれをどう習慣化させるか。

 

2年間を振り返れば、習慣化まで持ってこれた事って、ほとんど無い。

それでも、、

 

ひとつだけ、言えること、

 

うちの学校にはStudy Tripができたんです!!!

f:id:brave-nobles:20180526031116j:plain

↑Malawi University of Science and Technologyにて

 

去年もやったこの企画、

今年は僕抜き!同僚たちだけで企画、運営をしました!!

 

去年のお話はこちら

brave-nobles.hatenablog.com

 

Private Schoolでやってる学校はあれど

うちの様なPublic Schoolでやってる学校はほっとんどないらしい。

 

なぜできたか、

それは単純に

 

同僚も、Tripに行きたいから笑

 

理由はどうであれ、生徒のためになるような事ができればオッケイ!!

 

 

 

前日のMTG、サイエンスクラブリーダーのムラマ先生が言う

f:id:brave-nobles:20180526043025j:plain

「バスは朝5時にくるので、みんなは6時に来ましょう、6時半に出発します。」

 

意気揚々とホステルに戻る生徒。

明日の朝、何が起こるかはもうわかっている。

 

 

 

 

翌朝、

僕は同行しないが、見送りのためにちゃんと朝6時に行く。

 

誰もいないと、思いきや、、

 

ムラマ先生がいる!!! あなたはやっぱりできる人。

 

でもまあ、当然、バスはいない。笑

 

 

生徒は、、

来た!!教え子たち2年生。 6:10!!

やるでないか、君たち。2年間教えただけある。

f:id:brave-nobles:20180526043424j:plain

↑どことなくカッコ良く待つ教え子。

 

 

でもやっぱり、他の学年は来ないわな。笑

 

 

とりあえず、小林は授業準備のため朝飯を食べに家に戻る。

 

 

7時。バスが到着した音が聞こえる。もう一度見送りに。

 

 

 

7:15

ご飯を作ってくれてた女の先生も到着。

生徒が乗り込みf:id:brave-nobles:20180526031441j:plain

f:id:brave-nobles:20180526030933j:plain

 ↑見送り。自分髪伸びたな。。

 

 

出発かと思いきや、、

 

突然、生徒二人がバスから駆け出す

 

??

 

トイレ? どうした??

 

 

なんと

 

 

お昼に食べる、ゆで卵を忘れたらしい。

 

 

 

どんな忘れ物 笑 

ゆで卵忘れたやつなんて初めて聞いたわ 笑

 

 f:id:brave-nobles:20180526031551j:plain

↑ゆで卵を持って急ぎバスに戻る生徒

 

 

 

7:30ようやく出発。

f:id:brave-nobles:20180526043502j:plain

f:id:brave-nobles:20180526031326j:plain 

 

 

嬉しいような、寂しいような気持ちで生徒を見送る。

ああ、やっぱり一緒に行きたかったな。。

 

希望制のこのStudy Tripは大多数が2年間教えた2年生達(僕の影響なのかなんなのか)

前日のMTGで、僕は留守番だと伝えると 

 

なんでなんでなんで〜〜??の嵐(うれしい)

一緒に写真を撮りたかったんだと言ってくる男子生徒も

 

ちがうんよ、僕だって本当は行きたかったさ。

でも、これが国際協力だと思うんだよ。

来年は、本当に日本人抜きで、この企画が続くように

今回は一人でも多く現地の先生に行ってもらって、経験を蓄積して欲しかったんだ。

 

なーんて、生徒に言っても分かってもらえないだろうから。

 

It’s just complicated…

 

しか言えないのはもどかしかった。

 

 

同僚にiphoneを渡し、写真を撮ってきてもらいました。

にしても、Malawi University of Science and Technology、、

なんてキレイなんだ、、(どこの支援?笑)

 別の同僚が MalawiのHeavenだと言っていた理由がわかるf:id:brave-nobles:20180526043546j:plain

f:id:brave-nobles:20180526041235j:plain

門でかすぎ

f:id:brave-nobles:20180526043627j:plain

f:id:brave-nobles:20180526041245j:plain

科目長カブラ先生。信頼できる良きパートナー。

f:id:brave-nobles:20180526041249j:plain

あれほどシャツを出すなと言ったのに、、怒

トム・ペンスロ君、月曜日に職員室にきなさい。

 

まあ何より、無事に帰ってきてくれてよかった。。

 

 

 

今回は、各学年成績優秀者3人(計12人)を学校のお金で招待するという校長の意向もあり

来年タダで行こう!!と意気込み、勉強に励む生徒も増えるでしょう。

 

そしてこんなキレイな、マラウィにはないような大学を見てしまったら

単純な彼らは、きっと第一志望に据え、さらに勉強に励むでしょう。

 

月曜日、Tripの話を聞くのが楽しみです。

 

 

去年、同僚といったStudy Trip

でも実は、みんなそんなのやったことなかったらしい。

やりたいけど、やったことないし失敗したらどうしよう。

そんなところを一緒にやっていく。

そして、次は、サポートしつつも、彼らに任せる。

最後はきっと習慣に。。

 

僕の勝手な妄想で良く解釈しすぎかもしれないけど、、

それでも、今回の同僚達の成功は、2年間彼らと一緒にやってきてよかったなと思えた出来事でした。

 

 

 

帰国まで、残り40日。