KOBA's Classroom ~from the Warm Heart of Africa~

アフリカのマラウィ共和国で活動する、青年海外協力隊 理科教育隊員の活動記録 

KOBA’s Classroom vol.14 〜サイエンスクラブの生徒40人を連れて、日帰り修学旅行(Study Trip)に行ってきました!! 〜

サイエンスクラブの生徒40人を連れて、日帰りで、水力発電所とマラウィ大学に行ってきました!!

 

f:id:brave-nobles:20170609133503j:plain

↑水力発電所にて ヘルメットをかぶれて生徒はご機嫌

 

 

今回のStudy Tripは協力隊としての現地の先生たちへの関わり方を考えさせられた、非常に有意義な1日でした。

 

 

 

始まりは全学期にサイエンスクラブを立ち上げた頃でした。

 

校長から「遠出して工場見学に生徒を連れて行って欲しいんだ!」とすごく熱を込めて言われました。

 

オーガナイザーの3人のマラウィアンの先生もものすごく盛り上がって、「行こう行こう!!」状態

 

 

この時はまだ、なんでそんなに行きたがるのかいまいちわかりませんでしたが、同僚がこんなに行きたがっているから、まあ、手伝うかーくらいの気持ちでこの企画は走り出しました。

 

 

90人乗りのビックバスを貸し切っていくんだ!!とノリノリの同僚(うちのサイエンスクラブは100人生徒が所属しています)

 

同僚はバス会社に電話番号を探し、電話をかけました

 

学費もギリギリ払えるかの生徒もいる中で、本当にそんな人数集まるのか、、

 

 

「生徒の親にレターを発行してお金を渡してもらわないといけないんだ!」

同僚はレターをwordで作ってきて、patronの僕はそこにサインをしました(させられました)。

 

これを前学期の終わり、生徒が家に帰る前に配り、今学期にお金を親からもらってくるように指示しました。

 

 

 

 

今学期が始まり、同僚は水力発電所にアポ取りに、また別の同僚はバスの予約をしに行くなど仕事を分担しながら進めていきました。

 

 

僕はお金集め係(同僚がお金管理したがらなかったので)

4800クワチャ(日本円で700円くらい)を、各生徒から集めました

初日に払えた子はほんの数人。どうやら親がStudy Tripなんて本当にあるのかと懐疑的な家庭が多かったよう。そして、4800クワチャは、マラウィの人にとっては結構な大金です。 

 

 

お金を払えた生徒は結局、90人の予想が、40人になりました。

やっぱりみんな現金ないわなー、マラウィだもん。それでも、かなり集まった方だと思います。

 

 

 

 

 

そして迎えたStudy Trip前日、同僚と生徒たちを交えたミーティングを行い、集合時間を確認

 

同僚「6時半集合、7時出発だ!!」

 

(大丈夫かな、、絶対遅れると思うけど、、)

 

生徒たちは明日が楽しみでしょうがない様子。

女の子たちはみんなのお弁当準備の為、朝4時から準備となりました。

マラウィでは、ご飯の準備は女の子の仕事!となってます

 

 

今回のStudy Tripには、3人の協力隊の仲間が参加してくれました!

夜はもちろん協力隊メンバーみんなでご飯を食べました。同じ任国で汗を流す仲間とのこうした時間は本当に楽しい。僕はここ数日の疲れのせいかテンションがおかしいと言われてしまいましたが、、

 

 

迎えたStudy Trip当日。天気良し(まあ乾季なんで雨なんてないんですけど)

 

しかし、、まさかの二日酔い。。笑

昨日の夕食会で2本しかビールを飲んでなかったのに、、やっぱ疲れてたかな、、

 

 

それでも気を引き締めて、日本人らしく6時半に集合場所に到着!!

 

やっぱり誰もいない!!先生もいない!!

まあ、期待してなかったけど!!笑

 

 

 

1時間ほどして女の子たち&お昼ご飯到着

f:id:brave-nobles:20170609133453j:plain

こちら本日のお昼ご飯。

バケツいっぱいの白米x2と小バケツの中のトマトソース、ここには写っていないけどゆで卵 です。準備してくれた同僚のカセコ先生と女の子たちには感謝です。

 

 

ようやくバス到着。

f:id:brave-nobles:20170609133429j:plain

 

結局この後、2台じゃ乗り切らないと分かりさらにもう一台を呼ぶ。(なぜ前日までに気づけなかったのか笑)

 

こんな感じでマラウィらしく、結局2時間遅れでStudy Trip スタート!!

 

僕は、教えている1年生と一緒のバスに乗りました。

バスの中の生徒たちは嬉しくってテンションMAX

生徒たちの大声の歌をBGMに(二日酔いの頭にガンガンきました笑)、バスは水力発電所に向かいます

f:id:brave-nobles:20170609133332j:plain

 

 

そして走ること1時間、無事水力発電所に到着!!

生徒はずっと歌い続けていました

 

Visitor用の羽織?とヘルメットを装着し、見学がスタート!

 

 生徒たち、一生懸命メモを取る、えらいえらい

f:id:brave-nobles:20170612040304j:plain

 

 

教え子のエニファとウェジ。なにやら楽しそうな様子

f:id:brave-nobles:20170612042229j:plain

 

一緒になって見入るコバ先

f:id:brave-nobles:20170612042255j:plain

 

 

 

この水力発電所はマラウィ南部のほぼ全域の電力を賄っているそうで、乾季の終わり(11月ごろ)には水がなくなって発電ができなくなり、みんなおなじみ停電の原因はコイツです。

 

ドイツ出資で建てられ、マラウィアンによって割と管理されているこの水力発電所の見学は、決壊しないかどきどきでした

 

 

 

見学後お昼ご飯を食べ

次の目的地であるマラウィ最大の都市、ブランタイヤへ!

 

 

初めてブランタイヤへ行く生徒が半分くらいはいたようで

車の多さに戸惑い気味の生徒たち、まるで田舎っ子が東京に出てきた様子

f:id:brave-nobles:20170609135027j:plain

 

 

 

 

 

 

ブランタイヤへ来た目的はこちら!

f:id:brave-nobles:20170609133510j:plain

 

 

マラウィの東大(といったら語弊がありますが)マラウィ大学の工学部です!!

でもさすが、図書館で黙々と勉強をしていた大学生たちは優秀そうでした。

 

大学キャンパスに興味津々の生徒たち

何かしら、彼らのモチベーションアップに繋がったらいいなと思います。

 

 

大学を見学して、学校に着いたのは夜の8時半。

到着した時は、帰りを待ってた友達たちが駆け寄ってきて、抱き合って喜んでました 心配してたのかな?と可愛い側面も見れてほっこりしました

 

 

 

 

 

帰ってきてから知ったのですが、同僚はこの規模のスタディートリップをやったことなんて無かったそうです笑

それでよーあんな堂々と、Study Tripはできる的な発言できたなと思いますが笑

ということで、同僚にとっては初めての事が多かった今回の企画でした。朝のバスの事や、マラウィ大学での待ち時間も、今思えばしょうがない事だったのかなと思います。 しかし、同僚は非常に一生懸命やってくれたと思います。レターを水力発電所に取りに行ったのも、バス会社に行って交渉したのも、同僚です。僕がやったのは、お金集めと大まかなマネジメントくらいです。

 

全てのバスが到着し、無事この企画が終わった後には、同僚達はやり切った感が顔に現れてたと思います。初めての事でしたからね、 早速、次はジュースの工場だと張り切っていました笑

 

 

正直、僕はこのスタディートリップに対して意味を感じてない部分が多かったです。同僚がやたらやりたがってるから、ちょっとめんどそうやけど手伝うかくらいの気持ちでした。サイエンスクラブの立ち上げも、同じような気持ちでした。

 

しかし、今思えば、それがマネジメントもよく分からんし、 study Tripなんて企画した事ない彼らにとっては、大変で、憧れで、ちょっとできるかわからんけどやってみたいことだったのかなと思います。

 

日本人的な感覚でいえば、2泊3日の修学旅行に慣れていますし、これくらいのStudy Tripなんてそこまで大変じゃないと思ってしまいます。また、テレビや洗練された教材に触れてきた日本人には水力発電所もなんとなく想像ついてしまう部分が多いかと思います。

 

しかし、テレビも全員が持っているわけではない、教科書もわかりにくいマラウィでは想像がつかない部分が多く、未知なるものに興味が大きく湧くのかなと思いました。そして、現物をこの目で見ることは、情報に多く触れているかにかかわらず大切なことだなと、今回の企画を通して思いました。

 

 

また、生徒達にとっても、こんなことは初めてだっただろうし あれだけ大はしゃぎしてた理由も分かった気がします

 

 

 

 

僕は求めているレベルが高すぎるのかなと、感じた1日でした。

サイエンスクラブの内容ももっとレベルの高いものの方がいいんじゃないか?Study Tripももっときっちりやった方がいいんじゃないか?と求めようと思えばきりがないですが、同僚のやりたいとを手伝って、一緒にやって行くだけで、協力隊としては十分なのかな。彼らのやりたい事は、それで一生懸命で、日本人的の感覚でいけば「ゆるーく、楽しみながら」進めていければいいのかなと思いました。

 

実際、生徒100人規模のサイエンスクラブを持っていて毎週Activityをしている学校は聞いたことがありませんし、バスを貸し切って100km離れた町にStudy Tripに行った学校も聞いたことがありません。

 

マラウィ大学で出会った人に、「Balaka Secondary SchoolのStudy Tripだよ」と説明したらものすごくびっくりした顔をされたのは、そんなことする学校がほとんどないからなのでしょう。

 

 

 

僕が帰ってからも、サイエンスクラブが潰れないようにするにはどうしたらいいのか?と自問自答を繰り返す毎日で、答えを探し回りながらですが、サイエンスクラブをこれからも続けていこうと思います。

 

最後になりましたが、同行してくださった三人の協力隊の皆様、どうもありがとうございました!!生徒たちもたくさんの外国の先生が来てくれてとても喜んでいたと思います!!

 

 

 

 

理数科分科会で行ったワークショップに、日頃の授業準備の様子、マラウィの卒業式の様子など、最近書きたいことがいっぱいありますが、なかなか時間が取れないのがもどかしい、、

 

次回も宜しくお願いします!

 

 

KOBA’s Classroom vol.13 〜広島の生徒たちから、マラウィの生徒たちに手紙が届きました!〜

遂に広島の子たちから手紙がとどいたぜえええ〜〜〜!!!

 

ででん!!我ら「日本マラウィ交流会(仮)笑」

f:id:brave-nobles:20170529122150j:plain

 

 

現在広島で英語の先生をやっている友人が持ち出してくれたこの企画。

素敵な提案をくれた忠見先生には感謝でいっぱいです。

 

 

少し、昔の話をさせてください。

  

 

僕は、英語がめちゃくちゃ嫌いでした。

 

 

中学時代の、先生の後から続いて音読しましょうも、単語を覚えるのも、並び替え問題なんて全然できないし、宿題だった見開き1ページを英文で埋めるというお手ての運動も、まーーーったく面白くなかった

 

言わせてもらえば、そんな「死んだ」英語をいくらやったって、「生きた」英語は身につかないですよ、英語嫌いが増えるだけです

 

僕は、英語を「世界中に友達を作れる魔法のツール」だと思ってます。

もちろん、英語を学んでる同士限定になってしまいますが、アフガニスタン人とも、ドイツ人とも、中国人とも(もちろんマラウィアンとも)笑って遊べる様になれてしまうのが「英語」だと思ってます。

 

僕がこの事実に気づいたのは大学3年生の時でした。

 

遅すぎる。

なんで中学校でこの一番大事な事実を教えてくれなかったのかと

今でも腹が立ちます。

 

 

まあ、思うことも、言葉でいうことも誰にだってできるし

誰かが動かないと物事は変わらないので

 

大学4回生の時にNESTという学生団体を仲間と一緒に立ち上げました。

目的は、英語が「使える」感覚を日本の小中学生に伝えること、そのためには、いろんな国籍をもつ仲間が必要でした

 

共感してくれる日本人の仲間を募り、その仲間と今度は留学生の仲間を集めにかかりました。

 

みんなで手分けして、いろんなところに顔を出し、留学生に声をかけまくりました

 

 

その結果、、

 

留学生は11カ国から11人(インド、韓国、中国、台湾、アフガニスタン、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、ブルキナファソ、カナダ、タイ)日本人学生も10人ほど、計約20人の団体になりました。

 

幸い、うちの大学には英文学科があり英語教育に熱い人が多かったり、留学生の受け入れにも力を入れていたので実現した団体だと思います。

 

約1年の短い時間でしたが、みんなで過ごした膨大な時間は青春そのもの

最高の思い出です

 

 

 

何が言いたいかというと、その時の仲間であった忠見くんと、卒業した今も、また一緒に仕事ができるなんて最高!!ってことです。

 

 

英語を「使う」機会が少ない日本の生徒たちには、「生きた」英語を

多様な情報に触れる機会の少ないマラウィの生徒たちには、知らなかった世界を

提供しあえる様な交流ができればと

 

勝手に思ってます(忠見先生、またミーティングしましょう笑)

 

 

 

 

広島の子たちは21人

こちらもテストの成績高い順に21人を選抜し(校長と協議の結果、一番公平な選抜方法だったので)

 

Buddyを決めました。

 

 

マラウィの男子生徒は、日本の女子生徒とBuddyになりたがっていて

欲望丸出しの彼らがとても面白かったです笑

 

手紙を受け取ったマラウィの生徒たちは本当に本当に嬉しそうで

こっちまで嬉しくなりました。

 

早速昨日の日曜日に、Buddyへのビデオメッセージとマラウィの生徒たちによる歌の収録を行いました。

ここにビデオも載せたいのですが、、なにせ容量が大きくてマラウィのネット環境では不可能なのが残念、、

 

 

 

せっかく広島の子たちと交流できるので、

平和学習につなげたいなと思ったりもしてます

 

「世界で唯一原爆が落ちた国」と「アフリカの温かい心と呼ばれる国」

の肌の色も、経済的価値観も違う同世代の生徒たちは

どんな対話をするのでしょうか

 

 

今後が楽しみです

 

 

 

おまけの写真

1、折り紙送ってくれてありがとうございました!

とりあえず、写真に向かってくる勢いから喜びを想像していただければと思います

f:id:brave-nobles:20170529122306j:plain

 

 

 

 

 

 

2、こないだうちに遊びに来てくれた生徒の一人は、一回しか教え方を教えていないのに、今回一人で完璧にツルを折れました!! さすがうちの学校のトップクラス、こういう子もマラウィにいるのだと驚かされました。

f:id:brave-nobles:20170529122958j:plain

 

3、何回か撮ったうちの、お気に入りの一枚。

クールに決めるVer

f:id:brave-nobles:20170529122445j:plain