KOBA's Classroom ~from the Warm Heart of Africa~

アフリカのマラウィ共和国で活動する、青年海外協力隊 理科教育隊員の活動記録 

Koba’s Classroom vol.10 ~アフリカの子供たちの未来を変える(かもしれない)、ドリル学習メソッド「こばや式」とは?~

マラウィに来て9ヶ月が経とうとしています。

時間が過ぎるのが早く感じるのは、四季がないからでしょうか?

最近はマラウィが体に馴染んできて、こっちの生活が当たり前になってきました。自然いっぱい、すれ違う人はみんな挨拶してくれるこの国は、まさにThe Warm Heart of Africa。すごくいい国です。

僕の任期も残り1年になりつつあるので、遊びに来たい方はそろそろ連絡くださいね笑 

 

 

2学期も終わりに近づき、テスト週間に入りました。

マラウィのテスト週間は1日2科目、2週間に渡って行われます。

自分のテストが実施されない時は先生たちもやることがないので、学校に顔を出さなくなってきます(いつもいなかったりしますが)

人の少なくなった職員室に入ると、ああ今学期も終わりだなあと感じます

 

今こうしてブログを書いている隣で、 化学の回答用紙ちゃん100人分が採点を待っている。明後日には生物の回答用紙ちゃん100人分も遊びに来てくれるので、しばらく机とにらめっこの予定です。

 

そうもいっている間に停電(現在18:40)。

キャンパス内にある生徒の寮から悲鳴が聞こえる。

これで明日のテストはぶっつけ本番だね。ペパニ(=sorry in チェワ語)

 

 

さて今回は、

アフリカの子供たちの未来を変える(かもしれない)、ドリル学習メソッド「こばや式」とは ということで2学期の後半から実施した活動の全貌を書こうと思います。

 

 

マラウィの学校で教えていてものすごく気になるのが、生徒たちの計算能力の低さです。

 

どれくらい低いかというと、これは以前にもブログに載せましたが以下の表の通りです(9月入学当初)

 

 

f:id:brave-nobles:20161230175003j:plain

Q1~4に見られる普通の計算でも正答率が7〜8割、少数や分数になってくると正答率はもっと下がります。ちなみに、この生徒たちは日本でいう中学3年生です。

 

 

これの何が問題かというと、少数や分数の理解がないと化学でいうmol計算や濃度計算が理解できないだけでなく、数学の理解にも影響が出てると予想されます。

 

 

 

なぜこのように計算ができないのか

 

僕が思うに、反復練習をしてこなかったからだと思います。

マラウィでは、長期休暇に宿題が出ることはありません。宿題を出そうにも、問題集を配布するお金がないでしょうし(そもそも教科書も生徒は持ってないですし)、先生たちも宿題のチェックなんてしたがらないと思います。日本の小学校時代に見られるあの山のような計算演習は、基礎計算能力向上には必要だったのだと思います。自転車に乗れるようになるのも、バスケットボールのフリースローも、何回も同じことを繰り返して体に定着させないといけないわけで、それと同じなんだと思います。

 

 

というわけで、プリント配布もお金がなくてできないこの国で、なんとかドリル学習(反復練習)を実現できないかと思い、開発されたのが「こばや式」です

 

 

 

生徒たちは

 

1、掲示されている例題で、今週のTaskの予習をする

2、 「こばや式」の時間に現れるこばやん先生が黒板に書く10問の問題に回答し提出。回答用紙は自分のノートの切れ端。

3、10問全問正解でcertificationを獲得。

4、次のTaskに備える

 

といった流れで学習します。

 

Taskは全部で6つです。

生徒たちが苦手としている少数分数、それと数字にx10, x100, x0.1をして小数点を動かす問題に絞り込みました

 

Task1:小数点の移動

Task2:少数の足し算、引き算

Task3:少数の掛け算、割り算

Task4: 分数の足し算、引き算

Task5: 分数の掛け算、割り算

Task6:少数と分数が混ざった計算

 

 1週間で1つのTaskをこなしていくので、1サイクル6週間

Task6が終わったら、Task1に戻って2サイクル目といった感じで繰り返していきます

 

 

もう少し詳しく説明をしていきます

 

1、掲示されている例題で、今週のTaskの予習をする

 

各Taskの例題プリントはこのようになっていて

f:id:brave-nobles:20170329122000j:plain

 

 

これが、図書館の掲示板(というか窓)に

f:id:brave-nobles:20170329122220j:plain

 

このように掲示しておきます。

生徒たちは好きな時間にここに来て、問題を写して勉強をしています。(その写真を撮りそびれてしまった!)

 

 

 

2、 「こばや式」の時間に現れるこばやん先生が黒板に書く10問の問題に回答し提出。

 

例題の基づいた10問の問題に回答します。

 

 

6つのTaskに関連した問題の回答率がこちら(こばや式実施前2月)

f:id:brave-nobles:20170329130503j:plain

 

一枚にまとめようとするとどうしても見づらくなってしまってすいません、、

 

この結果を校長に持っていき現状を報告

 

「みんな小学校で習っているはずなのに!」と校長びっくり(校長は生物の先生ですし、これくらいの問題は簡単に感じるのだと思います)

 

「僕がなんとかするからコマをください」とお願いし

生徒たちの金曜日の空きコマを「こばや式」の時間としてもらいました

 

生徒たちの反応はというと

「イェーイ!!」2割、「えええぇぇぇぇ」5割くらいでしょうか

 

そりゃ、自分たちがくつろいでいた時間に苦手な計算を訓練されるのだから、「えええぇぇぇぇ」でしょうね笑 特に、計算が嫌いな女子生徒は嫌がってますね笑 まあ、無視してやりますけど

 

有名私立校の副理事長さんが

「教育は強制させていい方向に持って行けたなら、それは成功である」

と僕に教えてくれました

 

例えば、「ボランティアなんて偽善だ!(どっかできいた言葉ですね)」といっている生徒に、半強制的にボランティアをやらせる。それによって、その生徒がボランティアの素晴らしさに気づくことができれば、成功なんだそうです。

 

この「こばや式」で基礎計算力が付き、理解できる単元が増える、それによって将来の可能性が広がると繋がってくれたら、最高だと思います。いまは、ただそれを信じて

 

 

3、10問全問正解でcertificationを獲得。

 

提出された回答用紙は、こばやん先生によって採点され、見事全問正解するとcertificationを獲得できます。

 

Task1のcertificationはこちら

f:id:brave-nobles:20170329122302j:plain

 

寿司です。

 

同時に日本文化も広めてやろうという魂胆です。

 

こんな紙切れ、、と思うかもですが

生徒たちは「Shusiiiiiiiiiiiii!!!!!!!!!!!!!!!!」と欲しがります

ただの紙も、魔法をかければ生徒の欲しがるcertificationに早変わり

 

 

他にはTaskごとに、富士山、侍、桜など

 

このcertificationはこのようにA48枚刷りになっているので経済的です。

f:id:brave-nobles:20170329122711j:plain

ちなみにこのキャラクターはこないだ学校に遊びに来てくれたた友達の町のゆるキャラです(京都久御山町)。生徒たちはいまでもネギーマンを覚えています。

f:id:brave-nobles:20161028072529j:plain

ネギーマンの世界一周ブログはこちら!

http://negi-man.hatenablog.com

 

 

 

そして6つのTask全てに合格すると

f:id:brave-nobles:20170329122149j:plain

賞状が授与されます

 

 

 

この賞状は、全校集会で校長から直々に渡してもらえることになっています。

 

ちなみに、このこばや式協会、もちろん現在の会員は僕だけなので、僕が会長、会員募集中、笑  

 

 

現在Task3まで終わり、合格率はTask1が14%、Task2が33%、Task3が12%。3つ全てを合格した生徒は0人となかなか生徒たちもてこずっているようですが、3学期も継続しておこなって少しでも計算ができるようになってくれればと思います。

 

 

そして、自分が「できない」と思っていたものが「できる!」ようになる体験を通して、自信をつけてもらえたらと思います。(まあ、こっちの子達は根拠のない自信に溢れてるので、むしろ努力しないと「できない」と気づくのかもしれませんが笑)

 

 

 

かのウォルトディズニーが言いました

楽しんで学べる「教育」よりも、気づいたら学んでいるよな「娯楽」を与えたい

この言葉は、ディズニー好きの友人 智くんが言っていたように、ディズニーには教育的要素が含まれていることを示唆していると共に、読み返すたびに痛いところを突かれたような感覚になります 

 

「教育」は「娯楽」ではないと考えるのが一般的かと思いますが 

結局、「教育」は「娯楽」に勝てないのか

 

 

授業や学校の活動を全て「娯楽」に近づけるのも違うのかと思いますが

どこかこの言葉を頭に入れておくことは必要なのかと思います。

 

 

 

 

次回は、2学期の反省と3学期の抱負か

もしくは、現在始めようとしている広島の私立校との交流事業に関して書ければと思います。広島で英語の先生をしている大学時代の仲間が持ちかけてくれたこの企画。

現在、日本からの手紙を待ち中!!はやく届かないかな〜

 

 

それではまた!

 

 

 

Koba’s classroom vol.9 〜ノートを取らないマラウイの生徒達に、ノートを取らせる方法とは!?〜

マラウィはお葬式が本当に多いです

赴任してもうすぐ8ヶ月ですが、すでに3回参列しました

 

お葬式の時は学校がお休みになります

 

なぜかというとマラウィのお葬式は、とにかく長い

タイムテーブルを簡単に書くと

 

 

AM8時 学校を出発

   

AM9時 お宅に到着 座って待つ

 

AM11時 お昼ご飯を食べる それから座って待つ

 

PM2時 ようやくセレモニー開始 しかし、それもただ終わるのをひたすら座って待つ

 

PM4時 お墓へ移動 土葬します その間、座って待つ

 

PM5時過ぎ 全日程終了

 

PM7時 帰宅

 

 

上記の通り、基本座って待ちます

同じ宗派の人は歌を歌ってるのですがほんの30人くらいなので、その他の参列者 およそ300人くらいは朝から日が暮れるまでひたすら座って待ちます

 

その間、みなさん割とけろっとしていて、談笑したり、ケータイをいじったり、ぼーーーっとしてたりします

 

お昼の1時に集まればいいじゃん!!と思ってしまうのが日本人的感覚ですが

みんなで集まって、一緒にいてあげるのがマラウィ流愛情の示し方らしいです

 

この座ってひたすら待つというのが、とにかく疲れます。

マラウィアンでもクタクタになるようで

 

いつも職員室でパソコンから自分の好きな(同じ)曲(ばっかり)を結構な音量でかけてくるDJ先生が、終わり際に僕に話しかけてきました

 

英→_日 訳

「Yuki, 俺は今日のお葬式でクタクタだぴょん。明日学校行くのやめてゆっくりするぴょん。」

 

 

 

いやいやいやいや、そうっすか笑

 

 

 

と思うようなことでも、まかり通ってしまうのがマラウィ

 

ちなみに僕はその次の日、40分x4コマの授業をし、サイエンスクラブで1時間ほどchairmanしましたけどね!!

 

 

 

 

さて、本題です

 

 

僕がマラウイで授業をして驚いたことの一つがこちら

 

「授業中、ノートを取らないで堂々とぼーーーっと聞いているだけの生徒がけっこういる」

 

え、君らそんなできる子なん!?

いやいやそんなことはありません。単にlazyなだけ、そう生徒に限って成績が悪いです(そりゃそうだ)

 

 

僕がマラウイでノートにこだわるのには、理由があります

 

 

その理由がこちら

 

 

理由1、生徒は教科書を持っていない

マラウイでは日本のように全員が教科書を持っている訳ではありません。

マラウイの中でも進学高の僕の高校でも、50人中2、3人といったところです。うちの学校はまだ図書館が充実している方で、生徒達は図書館で教科書を見ることができますが、librarianが出勤している時間しか入ることができません(土日はもちろん入れません)

 

ノートを取らずして、彼らはどうやって勉強するのでしょうか?

 

 

 

理由2、教科書がとにかく分かりにくい、しかも時折間違ってる

マラウイの教科書がどうやってできたかをJICA専門家の方にお伺いしたところ、

宗主国であったイギリスの(20年前くらいの)教科書をかいつまんで作ったケニアの(この時点で間違いが混入した)教科書を、それとなく真似て(さらに間違いを混入させて)完成させたのが、マラウイの教科書だそうです。

 

イギリスの教科書は日本のものと違い、コンパクトに全てを網羅するタイプではなく、むしろ辞典的な情報量を含んだ教科書らしいです

 

それをかいつまんだら、それはそれは分かりにくく、まとまりがなくなるのは納得です。(そのままイギリスの教科書使えばいいのに笑)

 

 

 

 

理由3、キッチっとした秩序だった習慣を身につける

これは、マラウイで活動する理科教育隊員がマラウイの学校に対して願う共通項だと思います。

 

先生達の遅刻癖を改善させようと動く隊員や、起立、礼にみられる日本式の挨拶を徹底させる隊員など形は様々ですが、僕はこのノートを通してキッチっとした習慣を身につけてもらいたいと思っています。

 

このことは、サイエンスクラブの二回欠席除名制度にも通じるところがあります。無秩序な習慣から生じる弊害や、サイエンスクラブに関してはこちら

http://brave-nobles.hatenablog.com/entry/2017/02/10/042710

Koba’s Classroom vol.7 〜サイエンスクラブの立ち上げ、その記念すべき第一回、、!!〜 - KOBA's Classroom ~from the Warm Heart of Africa~

 

 

 

 

以上3点が、僕の思うノートを取る意義です。

 

僕は学期の中間と、終わりに生徒にノートを提出してもらいノートチェックをしています。

 

 

 

 

初めて生徒のノートをチェックしてみてびっくり(というかやっぱり)

半分以下 の生徒達しかノートをしっかりとっていない、しかも、提出してこない生徒が3割いる笑

 

これはなかなか手強そうだと思った訳ですが、2学期を折り返した現在、

 

しっかりとノートを取っている生徒(students who take notes properly)を約35%UP!! 

 

ノートを提出しない生徒(Students who did not submit their notebook)を約13%DOWN!!させることに成功しました。(とは言え、まだ100%じゃないんですけどね。)

 

 

こちらが、1学期の始めから現在まで学校に通っている生徒達95人を対象にした結果です

f:id:brave-nobles:20170225183833j:plain

さてさてどういうアプローチを取ってきたかというと、、

 

 

生徒の現状を知った

《1学期の中間》

 

これはいかん!と思い

 

⭐︎成績のを3割をノートにするからね!!と伝えました

 

しかし、

 

 

《1学期末》

大きな変化は見られず、、

おそらく、成績の3割をノート点にするという意味がよくわかってなかったからだと思います。なにせ、少数の計算できない子がいっぱいいますから、、(この話は次回に)

 

 

生徒は期末テストを受け、実家に帰宅(僕の学校は全寮制なので)

 

 

2学期が始まり、生徒たちにある変化が

 

1学期の成績を受け取った生徒たち、あることに気づきました

(マラウイでは日本と違い、次の学期に成績が開示されます)

 

 

「あれ?僕の成績、テストの点数と一緒じゃない。」

 

 

だからゆーたやん笑

黒板使って説明したやん笑

 

 

 

「先生、計算間違えてるよ?」

 

ちがうよ、君が計算間違えてるんだよ?笑

 

 

 

生徒たち、事の重大さに気づく

 

 

ちなみに、マラウイの学校の成績は、大学受験には一切使われないので先生が自分の裁量で成績をつける事ができます

 

 

僕の場合100点満点の期末テスト結果に0.7をかけて:①

 

ノート評価を

A(15点) しっかりノートを取れていて、まとめ方が綺麗なノート

B(12点) しっかりノートを取れていて いるノート

C(10点) 完成度が5割以上だが、どこか抜けがあるノート

D(5点) 完成度が5割以下のノート

F(0点) 未提出者

 

と5段階で評価して、2回分の合計:②

 

①と②を足し合わせて100点満点で成績を出しています。

 

 

ちなみに、A,Bの生徒たちにはこのように、小林の印鑑を押してます(左上)

これはかなり受けてまして、生徒は喜んでます

 

f:id:brave-nobles:20170225183535j:plain

 

この子は、1学期末のノートチェックでは一部抜けがありC評価でした

 

f:id:brave-nobles:20170225190947j:plain

 

左右のページに赤ペンで囲んである箇所が、抜けがあった部分です。

この子は、返却後に抜けていた部分を書き足したようですね

 

 

成績の計算方法は2学期の初めにもう一度説明しましたが、おそらくまだ半分くらいの生徒しか理解していないと思います。

 

しかし、「ノートをしっかり取らないと成績が悪くなる」というのはなんとか理解できたようで

 

2学期からやたらみんな一生懸命ノートをとるようになりました

 

 

そして

 

《2学期の中間》

ノートの完成度がぐっと上がり、未提出者が減った

という結果になったのだと思います。

 

 

ちなみに先ほどの生徒、今回は見事、しっかりノートを取って(しかも綺麗に)Aを獲得しました!素晴らしい

 

f:id:brave-nobles:20170225183326j:plain

f:id:brave-nobles:20170225185118j:plain

 

 

 

まとめると、成績の3割ノート点をにするだけで、かなりの効果が見込めるということです

 

 

 

しかしその後、新たな問題発生

 

「あとから友達のノートを後から写せばいいや〜」という生徒が出始めました

 

そんなの、理由3に反していますので、当然許しません

 

そこで新たに加わったルールが

「授業中は全員がノートをとりましょう!」です

 

「先生、ノートなくしました」(マラウイの生徒はよくなくします)

→別のノートをちぎって書きなさい!(というか無くさないで笑)

 

「先生、ペンのインクが出ません」

→友達に借りなさい笑

 

「先生、寮にノート忘れました」(これも結構います)

→走ってとってきなさい!!笑

 

 

ちなみに、体調不良等で授業を休んだときに限り、友達のノートを写すことはOKとしています

 

 

さらなる徹底を図っている現在

次の結果はどう出てくるかな

 

 

 

日本のように小学校からキチッとした習慣が身についていて、教科書があり、おまけにプロジェクターがあって、ネットも使えてという状況では、高等学校の指導方法はもっと自由度の高いものにできるとは思いますが

 

ここは、マラウイ

 

ちょっと古風にみえても、ノートを取るという基本に忠実なスタンスは大切なのではないかと思います

 

 

 

雨季が徐々に終わる気配を見せ始めたマラウイ

ついに、アフリカ向けドリル学習メソッド「こばや式」が始動しました!!

 

次回はその全貌と、生徒たちの計算能力(の無さ)を明らかにしていきたいと思います!!(そしてそのために、週の持ちコマを2つ増やして計16コマになりました笑 さすが日本人、働きます)

 

 

次回も宜しくお願いします!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 このボタンを押していただくと、僕のブログが少しだけ有名になります

にほんブログ村

すると少しだけ、

青年海外協力隊、しいては理科教育という職種に興味を持つ人が増えてくれるはずです

 

2016年度秋募集、理科教育の案件は48件、合格者は12人

協力隊には多くの職種がありますが、理科教育は最も人手不足な職種の一つです

世界中の36校の学校は日本から理科の先生に来て欲しいと言ってくれているにも関わらす、日本はその要望に応えられていません

 

人がよくて真面目、宗教性が強くない日本だからこそできる全国民を上げた国際協力が青年海外協力隊だと思います。

世界でもトップクラスの理数能力を持つ日本だからこそ力を発揮できる職種が理科教育だと思います。

 

学校現場も国際化を!と叫んでる割にはこの現状が変わらないのはどうなんでしょうか?

まさか、外国の先生を呼べば国際化すると思ってるのでしょうか?

 

マラウィで外国の先生をやってみて気付きました

僕にできることももちろんありますが、現地の先生にしかできないことなんてたくさんあります

 

要は、バランスが大切なんだと思います

 

日本は、世界を知った先生がもっと必要だと思います

もっともっと多くの人に、理科の先生として世界に出て行って欲しい

 

言語はなんとかなります

 

心に情熱がある方、是非応募のご検討を!!

 

まずは説明会へ! 

https://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/index.html